たこ焼きにつまようじ1本

昨日のvsヤクルト戦

阪神 岩貞投手は、初回うまく山田にあわされ1点先制されたが、そのあとは立ち直り最少得点に抑える好投

しかし、「1点」が遠く・重くのしかかった阪神打線…沈黙の打線

ヒットは打つもタイムリーがです、チャンスに凡打の連続

後半、ヤクルト先発の小川が降りればチャンスがくると信じていましたが…

チャンスは来るのだが、タイムリーが出ない

甲子園 8月末には 秋風か

次回は明後日参戦

あまり、気合入れずに参戦してきます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック